安心して使える人気上昇中のウォーターサーバー

- 放射能と水の大きな関係

放射能と水の大きな関係

日本は今大きな転換期にきています。
東日本大震災に端を発する原発事故により放射能の影響が懸念されるようになったからです。
ガイガーカウンターと呼ばれる放射線測定器を実際に購入して計っているよという人も多いのではないでしょうか。放射能の不安への対策等は行われているのでしょうか?
しかし、放射能の影響は大気中のみならず口に入れるものにも影響を及ぼしています。
たとえば食べ物を考えてみてください。
自然で作られますから雨や空気、土の中の栄養分を吸収して大きくなります。
その中に放射能が含まれていたとしたら多かれ少なかれ放射線を浴びることになります。
michaldrozd_1最近人気のウォーターサーバーにもその可能性が指摘されています。
ウォーターサーバーの水はどこで取水されているかご存じでしょうか。
多くの会社が日本の取水地で水を得ています。
これには理由がいくつかありますが、値段が安いということと品質がとてもよいということです。
日本は世界でもまれにみる自然豊かな国です。
雨が山に降り注ぎ、長い時間をかけて濾過されその水が川や地下水に流れ込みます。
そうした水は多くの栄養分を含んでいます。
michaldrozd_2
海外にも有名な取水地がありますが日本人にはあまり会っていないといわれています。
いわゆる硬水と軟水の違いです。
日本の水はミネラル分が比較的少なく、お腹に優しいものの海外の水はミネラル分が多いことからなれていない人だとお腹を壊すおそれがあります。

ウォーターサーバーは多くの日本人が利用しますから自然と日本の取水地を利用するという流れにもつながります。
今までは日本の取水地は特に安全という理由もありましたが、今は放射能の影響が懸念されており日本の水に不安を覚える方も多くいらっしゃいます。

当然ウォーターサーバーを提供する業者も放射能にはとても敏感です。
それゆえ自らが販売している水は安全かどうか信頼できる機関で調査しています。
また行政側も許容量の指針も示しており、国際基準に比べ厳しいことから実質ウォーターサーバーを使うときには放射能を考えずとも飲めるということです。

  • 西日本の水を選ぶ
  • 水の放射能検査の流れ
  • 水に放射能が入っていないわけ
  • 海外の水を選んでも意味が無い?

ただ、原発事故の今後の流れによってはウォーターサーバーの中にも放射能が発見されるおそれもあります。
仮に放射能を含んだ水を飲んだ場合「体内被爆」と呼ばれる状況に陥ります。
量にもよりますが、継続して飲んでいると甲状腺ガンや自己免疫性疾患の可能性も指摘されています。
即ち、ウォーターサーバーを利用するときには放射能に関する情報がきちんと提供されているかを考える必要があるということです。
【PR】おすすめのウォーターサーバーフレシャス